ご相談を
お急ぎの方へ

解決事例

請負代金・リフォーム|リフォーム工事に不備があり支払いをしなかったところ、リフォーム業者の代理人弁護士より請求を受けた事例

相談前

請負代金・リフォーム|リフォーム工事に不備があり支払いをしなかったところ、リフォーム業者の代理人弁護士より請求を受けた事例

相談者は、リフォーム業者に自宅のリフォームを依頼しました。
工事が終盤にさしかかったところで、素人がみても明らかな欠陥が発見されました。
不安になってリフォーム業者にクレームを入れたものの、十分な対応がなされませんでした。
あまりの対応の悪さに、欠陥(瑕疵)を修正しなければ代金を支払わないと主張したところ、リフォーム業者の代理人弁護士から内容証明郵便による督促状が届きました。
弁護士からの通知が届いたため、対応が必要と考えて、当事務所に相談に来られました。

相談後

相談者からの内容と関係資料を確認すると、確かに工事に欠陥(瑕疵)が見受けられる状態でした。
一方で、大部分の工事は完了しており、全額の支払いを拒むことが難しいと思われる内容でした。
先方に弁護士がついているため、速やかに受任して、相手方の弁護士との交渉を進めました。
法律的には、瑕疵の問題のほかにも、契約書類が不十分であるところなども認められたため、その点も踏まえて交渉を進めました。
結果的には、相手方会社の弁護士との交渉により、本来の請負代金から瑕疵が生じた分を差し引いた金額を支払うことで、話し合いがまとまりました。

弁護士からのコメント

リフォーム工事の請負代金請求の事例となります。
リフォーム工事の欠陥(瑕疵)と、それに対する会社側の対応が原因で、相談者とリフォーム業者の間の信頼関係が失われ、結果として、リフォーム業者側の代理人弁護士から通知が届くような状況に至っていました。
こちらについては、客観的・法律的な観点から状況を整理して、瑕疵に相当する部分を減額する内容で話し合いがまとまりました。
相談者の方が、弁護士からの通知を受けてすぐにご相談されたことや、冷静に状況を把握し、解決に向けて納得していただけたことから、裁判まで至らずに話し合いで解決することができた事例です。